前橋ボーイズ球団

(前橋中央クレインボーイズ)

「前橋ボーイズ」

前橋中央クレインボーイズ CRANES クレインズ の 考え方

 

 前橋ボーイズは2チーム化を視野に入れ、2007年(平成19年)に団体をNPO法人化、翌2008年(平成20年)に前橋中央ボーイズの兄弟チームとして「前橋中央クレインボーイズ」が誕生しました。

 2012年(平成24年)に連盟規定改定のため「前橋ボーイズ」に名称変更となりました。

 

 現状として前橋中央ボーイズに「早熟」傾向の部員を、前橋ボーイズには「晩熟」傾向の部員が登録されています。

 

 前橋中央クレインボーイズ(クレインズ)は、特定非営利活動法人 前橋中央硬式野球倶楽部内の前橋中央ボーイズと並ぶ中学生硬式野球活動団体で、日本少年野球連盟 群馬県支部に所属しています。


 前橋中央硬式野球倶楽部は、経験値重視の観点から中学期にベンチやスタンドに控える選手は必要ないと考えています。前橋中央硬式野球倶楽部設立以前の前橋中央ボーイズ時代から、多くの選手が多くの大会に出場することからも、お分かりいただけるかと思います。


 おかげさまで部員数も増え、もともとは下級生のチームを立ち上げ、大会に参加させる方向で考えていましたが、アレンジを加えてまずは最上級生を中心にした2チーム体制を築き上げることから始めていこうと考え、クレインズを立ち上げました。


 2チームの編成は、時には平等に選手を振り分けたり、時には実力差で選手を振り分けたりしていければと考えております。時期や部員の姿勢をみて編成を考えていきたいと考えておりますが、基本的にはクレインズは育成を主眼に活動していきます。



CRANE クレイン とは?

  • クレイン⇒鶴
  • クレイン⇒クレーン車のクレイン⇒引き上げる・つり上げる
  • クレイン⇒頭の先

CRANES クレインズ が目指すは 

  • 「鶴舞う形の」群馬を代表するチーム
  • 持っている力を引き上げる、勝利を自分たちの手でつり上げる
  • まだまだ先の話ではあるが常にトップを目指す

戦跡

2008年

(平成20年)

 前橋中央クレインボーイズ設立
 2012年

(平成24年)

  連盟規定改定の為、「前橋中央クレインボーイズ」から

 「前橋ボーイズ」へ名称変更

2014年

(平成26年)

前橋ボーイズ
  1. 第17回 日本少年野球連盟 関東ボーイズリーグ大会 初制覇
  2. 第8回 全日本中学野球選手権大会(ジャイアンツカップ)出場
  3. 第39回 日本少年野球連盟関東大会 群馬県支部予選 優勝
  4. 第39回 日本少年野球連盟関東大会 出場
  5. 第45回 日本少年野球連盟 選手権大会 群馬県支部予選 優勝
  6. 第45回 日本少年野球連盟 選手権大会出場

(2010年2月4日13時21分 スポーツ報知)

前橋中央クレインボーイズ「兄貴」に負けない!…前橋中央の分身、ユニーク育成法で将来の選択肢広げる

 

 前橋中央ボーイズと前橋中央クレインボーイズ 続々と新チームが加入しているボーイズリーグ。群馬にも昨年、前橋中央クレインボーイズが創立された。強豪・前橋中央ボーイズの兄弟チームとして誕生した同チームは、多くの部員を抱えるチームに新たな形を示していく。

 

 昨年9月、群馬県支部に新加入、公式戦デビューで初勝利を飾った前橋中央クレインボーイズが、さらなる飛躍を目指して、2年目のシーズンをスタートした。

 

 チームは前橋中央ボーイズの分身。「経験値重視の観点から、中学期にベンチやスタンドに控える選手は必要ない。多くの選手を、多くの大会に出場させたい」。中央ボーイズの監督だった春原太一氏(35)が就任して、昨年6月、新チームを立ち上げた。

 

 練習は兄貴分の前橋中央ボーイズと合同で行う。月曜日を除いた週6日、利根川の河川敷にある前橋中央緑地公園内のグラウンドと、球団事務所に隣接した室内練習場で汗を流し、練習後には英語、数学の補習授業も行っている。2年生25人、1年生29人、2チーム合計54人の大所帯。チーム編成は「中央ボーイズは早熟型のほぼできあがった選手、クレインはこれから伸びてくる晩成型の選手」との基本線で、新チームが構成された。

 

 選手の育成法はユニークだ。全員が参加する内野守備練習は、一、二、三塁、遊撃と4か所に分かれ、流れ作業のように無駄なく行われる。ポジションは固定せず、好きな守備位置についていい。「将来の選択肢を広げてあげたい」との指揮官の方針だ。打撃でも左右両打ちを推奨、可能性を引き出す。クレイン18人のメンバー中、15人が両打ちだ。07年、前橋中央硬式野球倶楽部として、NPO法人の活動が認可された。地域と密着した活動の一環として、最終学年で野球活動を終えた小学6年生や、中学3年生が練習に合流し、グラウンドは活気に満ちている。普通は約2年半のボーイズリーグ活動を、ブランクを置かず3年半体験できるのが魅力で、部員は年々、増え続けている。 「みんながゲームを経験し、そのうえで結果がついてくれば最高」と指揮官。「兄貴チームには力では劣るかもしれないが、気持ちでは負けない。今年はもっと上を目指したい」と主将の棚橋勇介。昨秋、打球を受け、頭部陥没の重傷を負いながら、奇跡とも思える早期復活を遂げたエース左腕、吉田諒も「入院中にみんなに励まされた。感謝の気持ちを強く持って、全国を目指したい」と躍進を誓った。

 

 ◆前橋中央クレインボーイズ(群馬県支部=前橋市)

▽創立 2009年。

▽活動日 火、水、木、金、土、日、祝日。

▽主な活動場所 前橋市中央緑地公園北グラウンド。

▽問い合わせ HP=http://www.npo-maebashi-chuo-bbc.org/

 

 (2010年2月4日13時21分 スポーツ報知)