前橋中央ボーイズ球団

~作成中~

 前橋中央ボーイズは、1989年(平成元年)に「前橋ジャガーズ」として県下2番目のチームとして誕生いたしました。

 1992年(平成4年)に「前橋中央ボーイズ」へと名称変更をし全国大会へは4回出場、ジャイアンツカップへも1回出場しております。

 2008年(平成20年)からの2チーム化後は、主に「早熟」傾向の選手が所属する班編成がなされています。

歴史・戦跡

平成元

「前橋ジャガーズ」として県下2番目のチームとして設立
平成4

「前橋中央ボーイズ」へ名称変更

平成10 関東大会 初出場 ベスト8
平成13 関東大会 出場
平成13 東日本新人選抜大会 初出場
平成14 東日本新人選抜大会 準優勝
平成15 渋川ボーイズ立ち上げにあたり、選手5名移籍
平成17 全国大会 初出場(第36回 日本少年野球選手権大会)
平成19 第1回 ジャイアンツカップ 初出場 ベスト8
平成19

NPO法人 前橋中央硬式野球倶楽部 設立

すべての活動がNPO法人下の活動となる

平成20 春季全国大会 初出場(第38回 日本少年野球春季大会)
平成20 全国大会 出場 初勝利(第39回 日本少年野球選手権大会)
平成20

前橋中央クレインボーイズ設立 2チーム化

育成チームの位置づけで立ち上げる。

平成22 関東大会 初優勝
平成22
BCS前田健氏チーム指導開始(投球動作改善指導)
平成24

慶友整形外科病院 メディカルチェック開始

入部時の4月or5月 各学年の1月 計4回実施

平成25
東日本新人選抜大会 出場 ベスト8