NPO法人 前橋中央硬式野球倶楽部について

Specified Nonprofit Corporation Maebashi Chuo Baseball Club

ダウンロード
H28年度貸借対照表.pdf
PDFファイル 42.4 KB
ダウンロード
令和元年度貸借対照表.pdf
PDFファイル 120.5 KB
ダウンロード
H29年度貸借対照表.pdf
PDFファイル 81.1 KB
ダウンロード
H30年度貸借対照表.pdf
PDFファイル 84.1 KB


地域に必要とされる「野球スクール」の確立を目指します

 前橋中央硬式野球倶楽部は、中学生硬式野球「前橋中央ボーイズ」の運営スタッフが必要性を感じ、創部20周年を迎えたことを機に設立されたNPO法人です。

 幼児から中学生の総合的な硬式野球スクールを目指しています。 

 モットーは「10年先を見据えた野球」であり、とにかく経験を重視しています。多くの選手を、多く大会に出場させることが特徴です。ベンチやスタンドに控える選手は中学時に必要ないと考えています。

 その中でジャイアンツカップや全国選手権に出場と、結果も残せるようになってきました。昨今は、OBには元NPB埼玉西武ライオンズの「星秀和」や元阪神タイガース・元群馬ダイヤモンドペガサスの「廣神聖哉」がおり、他にも多くが高校や大学などで活躍してくれています。

 現在、前橋周辺地域から90~100名ほどの部員が所属し、各学年30人、90人規模をベースとして活動しています。経験重視の見地から、多くの選手に出場機会を与えるべく第2チーム「前橋中央クレインボーイズ(現前橋ボーイズ)」を設立しました。

 事業として人数が多くなる想定で、休日の主活動はもとより平日の活動の充実化を図っています。平日練習に加え学業補習事業として週に2日、補習教室を開設して勉強にも取組ませています。

 そのために部費などの大きな金額が動き、財産所有や責任所在、指導者の確保など多くの問題が出てきます。それらを克服するためのNPO法人化でありました。維持ではなく発展という選択をしたと思っております。

 地域-学校-家庭という結びつきの中で「地域」という重要なポジションを担うと自覚しております。「近所の厳しいおじさん」的な地域教育を、学校ではできない地域教育を、家庭に繋がる地域教育を、実践していきたいと考えています。このような活動を続け、将来的にはスイミングスクールのような放課後事業として、地域に根付かせられるものを築いていければと思っております。  

前橋中央硬式野球倶楽部は、勝つことや全国大会出場を目標とするのではなく、10年先を見据えると共に、次のステージ「高校野球」への育成過程を重視した活動をしています。

 

現在の部員数は、中学3年生が38名、中学2年生が22名、中学1年生が30名の計90名です。(2020年10月現在)

募集定員はありません、随時部員募集中です。

当クラブの詳細につきましては、下のボタンをクリックしてください。


前橋中央硬式野球倶楽部 チーム紹介

NPO法人 前橋中央硬式野球倶楽部は、現在5つのチームを運営しています。

未就学児から中学生まで様々な年代が野球を通じて交流を図っています。

成長過程の遅い晩熟傾向の選手が所属

成長過程の早い早熟傾向の選手が所属

小学4年生~6年生対象。6年生対象の硬式選抜チーム設立準備中。

未就学児から小学校3年生までが対象です。



スタッフ紹介

特定非営利活動法人  前橋中央硬式野球倶楽部
   
 代表理事  春原太一
理事  栗原光久武
理事  書上大志
監事  南方隆宏

特別顧問・アドバイザー紹介

NPO法人 前橋中央硬式野球倶楽部

特別顧問・アドバイザー

千葉ロッテマリーンズ1軍バッテリーコーチ

清水 将海

 

【経歴】

東京農大二高

青山学院大学

1997年~2004年/千葉ロッテマリーンズ(ドラフト1位) 

2005年~2010年/中日ドラゴンズ

2010年~2011年/福岡ソフトバンクホークス

2011年/現役引退

2012年~2013年/福岡ソフトバンクホークス 2軍バッテリーコーチ

2014年~2015年/福岡ソフトバンクホークス 3軍バッテリーコーチ

2016年~2017年/福岡ソフトバンクホークス 1軍バッテリーコーチ

2018年~/千葉ロッテマリーンズ 1軍バッテリーコーチ

 

NPO法人前橋中央硬式野球倶楽部の特別顧問・アドバイザーを兼務し、年末の野球教室に携わり23年目。日米野球出場時は同チームを球場に招待するなど選手育成に尽力する。